2010年度入社

前田 尚寛

 

前田 尚寛

瀬戸内基礎の魅力って
どんなところですか?

みんなが楽しそうに働いていることです。私は全く違う職種から転職してきましたが、瀬戸内基礎の採用情報を目にした際に、働く人たちの笑顔がとても魅力的だったことが入社の決め手でした。実際に入社してみると、同世代も多く、印象通りみんなで和気藹々と楽しく働いています。現場での作業は、夏は暑く冬は寒い。当然、肉体的にも精神的にも辛い時はありますが、それはどんな仕事を選ぼうと同じことだと思います。だからこそ、頑張った分だけしっかり評価してもらえ、きちんと給与に反映されるところも魅力だと思いますね。私のように転職を希望する人や家庭がある人にも、自信を持って良い会社だと言えますよ。

仕事のやりがいを教えてください。

私は主に「タイル下地処理工事」の責任者として仕事をしています。この工事は2人程度で組んで作業しますが、責任者として体以上に頭を使うことに追われる毎日です。現場では、良い仕事をすることはもちろんですが、安全への配慮が欠かせません。責任者として事故が起こらないよう細心の注意を払います。「良い仕事をすること」と「無理をせず事故を起こさないこと」。この二つのバランスをとることに頭を悩ませながらも、きちんと現場を回すことがやりがいになっていますね。杭工事の現場へ行くこともありますが、こちらは機械に乗り出したばかりで未熟さを痛感しています。これからもっと技術を磨いて、幅広く経験を積みながら会社の力になれるよう成長していきたいと思っています。

前田 尚寛

就職活動中のみなさんへ
メッセージ!

私は30歳の時に畑違いの職業から転職したため、機械や道具の名前から扱い方まで覚えることが山積みで苦労したこともあります。しかし、向上心を持って仕事に取り組めば会社はきちんと見てくれています。取り組む姿勢や身につけた資格・技術はしっかりと評価に反映される。それが、瀬戸内基礎の魅力であり自慢です。また現場仕事と言えど、子どもの行事に参加するなど休暇も取得しやすく、就職活動をする上で重要な判断材料となる、給与や福利厚生などの労働条件がきちんと整っています。たとえ耕してきた畑が違っていたとしても、“何”を育ててきたかではなく、“どうやって”育ててきたかが大切なのではないでしょうか。瀬戸内基礎は、ゼロからでも自分のやる気と頑張り次第でステップアップできる会社ですよ。

前田 尚寛