BUSINESS

事業紹介

 

株式会社瀬戸内基礎では場所打ち基礎工事、タイル下地処理工事を筆頭に様々な基礎工事の受注を承ります。
杭工事、基礎工事についてお任せください。

  • 場所打ち基礎工事

    重機で円筒状に地盤を掘っていき、現場・倉庫で組み立てた円筒状の鉄筋籠を掘った穴に落とし込み、後からコンクリートを穴に流し込み固めて杭にする工事です。
    ・アースドリル工法
    ・ACE式アースドリル拡底杭工法
    ・オールケーシング工法

  • タイル下地処理工事

    マンション等のタイルを貼る前に、コンクリート表面に超高圧の水圧で目荒しを行い、タイルの接着力を高め、タイルの剥落を防止するために行う工事です。
    ・JSS工法<超高圧洗浄工事>

  • 既製コンクリート杭工事

    場所打ち杭は現場で作る杭で、既製杭は工場で製造した杭を使用し、重機で穴を掘って回転または打撃にて穴に挿入していく工事です。

  • 地盤改良工事

    建物を構築する場合、自然のままの地盤では安定性が不足する事があります。地盤の安定性を確保するために、人工的な手を加え軟弱な地盤を補強または改良し安定させる工事です。

  • 土留工事

    土留工事を行っていない状態で掘削作業をすると、近隣・周辺地盤の崩壊や土砂の流出がおきるため、掘削工事を行う際に側面地盤を保護する工事です。